2010年10月29日

Battlefield Bad Company 2 PC版アップデートは29日15時から19時まで

本日15時から約4時間ほど大型アップデートにつきBattleField Bad Company2のサーバーが停止します。パッチは約900MBとなっています。

・すべてのウエポンバッジに必要とされていたトレーサーダーツの入手不可能なブロンズスターの要求を削除
・MoHからヒット確認方法を輸入。いくつかのバグフィックス。クライアントとサーバー間で送るレートを増加。いくつかのヒットボックスが変更。これにより銃の精度が向上。ただしナイフにはあまり変わりはなし。
・チャットウィンドウの後ろのブルーボックスを削除。
・リスポーン、蘇生後2秒、もしくは移動やジャンプ、銃撃を行うまで無敵。ただし視点移動しても解除されない。
・3Dビジョンの修正
・Slug Shotgunのズーム時のクロスヘアを修正。これにより長距離の表現がより良くなる。コンソール版のようにクロスヘアがより閉じる。
・Slug Shotgunの腰だめでの精度が低下しロングレンジでズームが必要になる。腰だめではセミオートマチック武器と同じ精度。
・G3が意図していたよりダメージが低かったバグを修正。
・VADS(対空機関砲)の旋回速度を修正。ZU23と同じようなパフォーマンスに。
・ZU23とバランスを取るためVADSのプッシュバックとダメージの修正。
・高速時に車両がトレーサーダーツを取り去ることのできなかったバグを修正。
・車両のリロード時間を短縮。
・装甲車両に対するAT4のダメージをわずかに向上させ、装甲車両とのバランスを保ったまま対車両としての役目を強調。
・AT4の最高速度と加速を増加により使用者が攻撃にさらされる時間の短縮。
・他のアンチタンク兵器に匹敵するようAT4の爆発ダメージを増加。ただしAT4が最もスプラッシュダメージが少ないAT兵器であることは変更なし。
・他の爆発兵器とのバランスのためCarl Gustavのスプラッシュダメージの低下。Carl Gustavが最も爆発ダメージの大きなAT兵器。
・ファイアレートの低さへの対抗としてM95の胴体への射撃で一撃死させることのできる距離が増加。
・SVUの近接距離でのダメージを他のセミオート武器より増加。
・MCOMへのすべての兵器のダメージが50%低下。
・Atacama Desertのバグ修正。
・AN94の近接距離でのダメージ低下。遠距離戦闘の役割を強調。
・F2000の精度を向上。携行アサルトライフルの役割を強調。
・近接距離でのショットガンのダメージの増加。スラッグショットガンと差別化。
・M60の精度を若干低下させ他の軽機関銃とのバランスを調整。
・MG3の近接距離でのダメージを若干低下させ他の高ファイアレートの武器とのバランスを調整。
・UH60のダメージを若干増加。

情報元
Battlefield: Bad Company 2 Patch Tomorrow

0 件のコメント:

コメントを投稿