投稿

注目の記事

『The Quiet Man』は本当に狂気の問題作だったのか。父と子の物語として見ることでわかる言葉を超えた先にあるもの

イメージ
最新のトレイラーで自身を狂気の問題作と振り返った『The Quiet Man』は、あえてゲームの売り上げとして重要な発売週の評判を捨ててまで、なぜゲームの1周目から音声を抜き去ったのでしょうか。

 物語の全容を解き明かす「The Answered」と呼ばれる2周目をプレイできるようにあったのは、リリースから1週間後の11月8日です。  2周目の開放を記念して11月8日にはプロデューサーの藤永健生氏と開発者、スペシャルゲストの4人で行った公式生放送では、1周目の内容を丸々公開しています。


 他にも、シリアスな内容のゲームにもかかわらず「クワマンチャレンジ」と称して画像や動画で大喜利を行うなど、普通の感覚では理解しがたいプロモーションを行っていた『The Quiet Man』。そういった意味では「狂気の問題作」と言えるでしょう。  では、こういった姿勢から本作が駄作だからふざけて炎上マーケティングを狙ったり、やる価値がないからと音のない1周目を無料で公開したのでしょうか。  私は否だと思います。本作は極めて真剣に作られたゲームであり、製作者たちの揺るぎない信念を感じる作品です。  本稿では『The Quiet Man』の謎の多くを無視し、ゲームが伝えようとした心と心、魂と魂が言葉を超えて共鳴する2人の人間の姿を紐解いていこうと思います。  果たして、本当に愛は言葉を超えて伝わるのでしょうか。そしてゲームというメディアは、それを表現することができるのでしょうか。 『The Quiet Man』の1周目をプレイするべき理由

皆さま、まさに苦行とも呼ぶべき1周目で、どれくらい物語を掴めたでしょうか。Lalaを助けなきゃ、というDaneの目的意識だけは伝わったでしょうか。

「大切な人を守りたい」という気持ちだけが大事なはず、というのが1周目のテーマとも言えるのです。

2周目のテーマは、
い、言えなーーいっ! — しずかにできないデーンくん@復活 (@CannotStayQuiet) 2018年11月3日
 『The Quiet Man』の準公式ツイッターアカウントでも、音声のない1周目は苦行であることが認められ、前述の通り無料で見ることもできます。しかしそれでもなお、2周目に入る前にかならず1周目をプレイする必要があります。  もちろん嫌がらせではありません。それはどんなに苦行であっても…

「Gone Home」で描かれたもうひとつの物語。悪役である父親に焦点を当てるため、もう一度”帰宅”しよう

イメージ
※「Gone Home」の強度のネタバレ、「Tacoma」の軽度のネタバレを含みます。

 Fullbrightの「Gone Home」がリリースされてからそろそろ6年になる。”ウォーキングシミュレーター”という蔑称をひとつのジャンルへと昇華し、戦闘もパズルも無い、ただ家の中を歩き回るだけのゲームですらゲームたりうることを証明した、歴史的にも重要な作品のひとつだ。

 「Gone Home」では両親や学校の人々と、ティーンエイジャーで同性愛者のサムの軋轢が描かれる。彼女が両親や家族といった既存の常識の象徴に立ち向かい、パートナーとなるロニーとともに、ひとりの人間として歩き出す物語だ。  90年代はさておき、2010年代の常識では家族の不理解は理不尽に思える。学校で陰湿ないじめに立ち向かいひとり罰せられたサムは、家族からはロニーとの愛を否定され居場所を失っていく。私を含め、なんと不理解な家族なんだろうと思った方も多いだろう。では、果たして家族、特に無理解な態度が強かった父親テレンスは、ただ物語を盛り上げるための悪役だったのだろうか?

 すでにテレンスについての考察はなされているものの、少なくとも日本では「Gone Home」の裏にあるもうひとつの物語について語られることはあまり無いように思える。その物語と、そしてFullbrightの新作である「Tacoma」を振り返ることで、Fullbrightの持つ、人を信じる優しい視線を見出すことができるだろう。本稿では、「Gone Home」で悪役を演じたテレンスに焦点を当ててみたい。

 「Gone Home」が始まる少し前まで、テレンスを中心に家族は崩壊の危機に陥っていた。”気狂い屋敷”を相続し、新たな生活が始まるもテレンスは小説家としては失敗する。酒に逃げ、家電の紹介文でかろうじて糊口をしのぐ状態。妻のジャニスの森林管理官として成功し、同僚である男性と親しくなっていく。サムについては前述のとおりだ。
相続する、というだけにテレンスは幼少期にこの屋敷で過ごしたことがある。一言で言えば、テレンスの”帰宅”は最悪の状態だった。

 気狂い屋敷のゆえん、テレンスの著作のテーマであるジョン・F・ケネディの暗殺、そして彼の持つ強固な同性愛への拒否感。作中時間である95年から約30年前、1963年を中心にして、これらは全てつながっている。

対戦相手のいないテニスゲーム、飛ばないフライトシム、通路のないメトロイドヴァニア。ジャンルからメカニクスを引いたら?をテーマにしたゲームジャムから1000以上のフリーゲームが公開

イメージ
FPSから銃撃を引いたらウォーキングシミュレーターができました。あるいは、RTSから軍勢を引いたらMOBAになりました。最近ではゾンビサバイバルゲームからゾンビを抜いたバトルロワイヤルゲームが大きな人気となっています。
  このようにジャンルからそのジャンルに必要と思われるメカニクスを引くと、思わぬ名作が生まれることがあります。



 3Dプラットフォームゲームからジャンプをなくすことで新たな面白さを生み出した「SNAKE PASS」にインスピレーションを受けた「Game Maker's Toolkit 2018 Jam」のお題は「ジャンルから基本的なシステムを取り除いたゲーム(Genre without Mechanic)」。このテーマに沿って8月31日から9月2日の48時間で作られた全1156本のゲームがitch.ioで公開されました。

 個性豊かなゲームが揃う中で、筆者が特に良いなと感じたものをいくつか紹介します。

Legless Knight
 移動ができないアクションゲームです。弓を使ってマウスだけで遊ぶ俯瞰視点のゼルダのようなアクションゲームです。移動するためにはワープ用の矢を放ち、矢の場所にワープすることです。
  敵はただこちらに向かってくるだけでなく、ブーメランのような飛び道具を使ってくるものも居て、巨大なボスモンスターも待ち受けています。

 正直言ってかなり面白いので、ぜひプレイしてもらいたいゲームです。

Dodgy Rum
 攻撃できない横スクロールアクションゲームです。プレイヤーは攻撃手段を持たない隻脚の海賊になり、敵の攻撃をタイミングよく避けることで疲れさせて倒します。敵の攻撃には3種類あり、ジャンプや屈みを使うことで敵の攻撃を避けます。
 回避方法は敵の攻撃時の光の色で判断しますが、なかなか難しく、可愛らしいグラフィックもあってなかなか楽しいゲームです。

Flightless Simulator
 タイトルだけで説明不要の飛ばない飛行機シミュレーターです。滑走路から離陸すると見せかけてそのまま大通りに出て飛行機で街を疾走することができます。フライトシミュレーターでいつまでも飛行機で地面を走りたい人のためのゲーム。スロットルとエアブレーキを駆使したドライブはなかなか難しいです。

Allocation
 通路のないメトロイドヴァニアです。マッ…

Doomのグラフィックを全部アスキーアートにしちゃった!「1337d00m」リリース

イメージ
タイトルですでにネタバレしているも同然ですが、まずはこのスクリーンショットを見てください。


 タイトルを読んだ人にはもうこれがDoomのスクリーンショットだということはわかるはずです。しかしこれがDoomのどこかわかる人はそういないでしょう。かくいう私も分かりません。ではこれならどうでしょうか。今度は動画です。


 聞き覚えのない音楽はともかく、銃を撃つ音、モンスターの叫び声には聞き覚えのある人も多いはずです。

 このゲームはDoomをすべてアスキーアートで表現した 「1337d00m」です。1337はリートと読み、日本語に訳せばハッカー語といったところだそうな。FatalityをFatal1tyと表記したりdoomをd00mと表記する方法を指します。それを踏まえて本作のタイトルを呼ぶなら、リートドゥームといったところでしょう。

 私はこれでももう長いことFPSをプレイし3D酔いなどもう何年もかかった覚えがないのですが、それでもこのゲームをプレイするととても酔います。これが3D酔いなのかはもはや分かりませんが、特に3D酔いがひどい人は長時間プレイするにはそれ相応の覚悟が必要になります。

 このゲームは難易度を文字の大きさで制御しています。最も簡単なEasyであれば視認性はかなり上がります。まぁ、それでもかなり見づらいことには変わりありませんが…。なお、DoomといえばDoom Guyの顔を中央に大胆にあしらったHUDが今となっては特徴的ですが、本作は残念ながらそちらは再現されていません。どの難易度であってもヘルスや残段数の表示は簡素ながらきちんと読めるものになっています。


 本作を手掛けたのはクロアチアのDario Zubović氏。self-imposed weekend jamと呼ばれるゲームジャムに参加した時の作品で、2週間分の週末を作って作り上げたそうです。音楽はオーストラリアを拠点に活動するロックバンドTurtle Skullのデビューアルバムを使用しています。

 Doomをアスキーアートでレンダリングしようとする試みはこれが初めてではなく、SMMUやLibcacaと呼ばれるレンダラーがすでに存在しています。



 Dario氏はこれらのレンダラーがあることを知っていたそうですが、それでももっとクールな描写方法がないか模索した結果がこの「1337d00m」 …

「9.03m」”面白い”が誰かを救う。

イメージ
あらゆる災害で被災したすべての人々に寄せて。


9.03mとはスコットランドのゲームデベロッパーSpace Budgieの制作したウォーキングシム、一人称視点のアドベンチャーゲームです。現在は無料で誰もが遊べるようになっていますがもともと2ドル(その後1ドルに)で売られていました。それらの売り上げの半分は地震の被災孤児を支援する団体Aid for Japanへ、もう半分はredrという被災した地域と人々を支援する団体へ寄付されました。

 このゲームは2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震で被災した人々への祈りとして作られました。舞台はサンフランシスコのベイカービーチで、遠くにはその象徴であるゴールデンゲートブリッジがうっすらと見えます。そこでプレイヤーは遠くに見える人影を蝶に導かれながら追いかけるという内容になっています。


 人影に近づいていくとそれは姿を消し、そこにひとつ品物が置かれているだけであることに気が付きます。
 太平洋を挟み遠く離れた砂浜にもかかわらず、実際にアメリカ大陸の太平洋側の海岸には多くの品物が流れ着いたそうです。カナダの海岸にバイクが流れ着いたという話を記憶している人も少なくないでしょう。


 古来より蝶とは世界各地で生と死にまつわる象徴として扱われることの多い生き物です。キリスト教では蝶は復活の象徴とされ、ギリシャでは魂や不死の象徴であるとされていました。日本でも仏の使いとみなされることがあるそうです。

 このゲームは一人のゲーム開発者の祈りから開発がスタートしています。ここからは同じくゲーム業界を取り巻く様々な人々の祈りの形を振り返ってみようと思います。
ゲーム業界と慈善事業遊んで応援
 個人、あるいは会社単位で行う慈善事業への支援といえばこの9.03m以外にも2015年にはThis War of MineWar Child Charity DLC、2017年にはDead by DaylightCharity Case DLCWar for the OverworldThe Cynical Imp DLCCompany of Heroes 2David Sheldrick Trust Charity Pattern Packなど様々なデベロッパーが独自の慈善事業支援を行っています。


 このような取り組みは会社単位で…