心霊写真と美幼女(少女?)コンテスト

心霊写真に下手な説明は蛇足だと思います。
この写真はこれこれこういう霊が写っていますとか、これがとられた場所は昔こんなことが起きましたとかそういう説明です。
それが写ってしまった圧倒的現実だけで十分だと思います。
ついでに真贋の鑑定をするだけの目は持ち合わせていませんがそういうのも結構好きです。
私自身はそういう写真を持っていない・・・というより最近写真らしい写真はまったく撮っていないと思います。
もしかしたらどこかのシャイガール(もしくはボーイ)がひそかに私の写真を入手しているかもしれませんが。

今私が死んだら飾られるのは、最近の写真はダイビングの免許を取ったときのちょっと顔が太った写真になると思います。
「ちょっと」に括弧はいらないんです!ちよっとです!ほんの少し丸いだけです!
実は友人たちには好評のこの写真ですが、せっかくやせようと努力しているにもかかわらず「太ったほうがいいよ」というのは何の皮肉でございますかフレンズ?

今丸見えで美少女コンテストの特集があっていますが、こういうのを見るとジョンベネちゃんの悲劇を思い出さざるをえませんね。
番組をそれを意識してか一人の出場者の少女の歯が抜け、すぐに入れ歯を作るという話が出ていました。
一方ジョンベネちゃんはというと、歯が抜け醜くなることを恐れた両親がすべての抜歯し入れ歯にさせていたという話を聞きました。
その真偽はともかく親の所有物とさせられた子供は、たとえ良かれと思ってされたことであっても虐待に入るのではないだろうか、などと考えさせられます。
ちなみに殺害事件に関して家族の犯行の線は否定されているようです。
まさに悲劇のマリオネット・・・実際どうだったのかはもう確かめようもないと思いますが。

コメント