Prey クリア!

ついにid tech4エンジン最後のゲーム、Preyをクリアしました。
正確にはあとETQWが残ってますがこれはまぁいいですよね。
徐々に明かされる謎、手に汗握る戦い、そして最愛のJenは・・・。
ストーリーは陳腐、使い古されたと言ってもよいものですが、やはり主人公として体験するといろいろ考えてしまいます。
英語なのが実に残念です。
多少は分かりますが、なぜトミーだけ特別だったのかなどの謎は解けません。
ストーリーのネタバレはこれからプレイする人がいるかも知れないので伏せておきましょう。
Doom3のように火星で地獄の門が開いた→全員地獄に送り返す→無事脱出
というような話ではなくもう少し深いので。
ラストモヒカンみたいな。
確かにグロテスクな描写や子どもが殺される場面もありますが、根底にあるのは愛です。愛。ラブ。
トミーがチェロキー族としての誇りを持った立派な男になるまでを描いた青春劇。
久しぶりに爽やかな気持ちになれるゲームでした。

もちろんFPSとしても秀逸でした。
多少頭をひねって倒さないとならない敵なんかもいて面白かったです。

最後の「Prey will continue」の文字・・・。
追悼3D Realms。
もう二度と続編は望めませんが、昨今の確実に2に続くような終わり方ではなくちゃんとしっかりはっきり終わり、トミーの戦いは続く・・・みたいな終わり方だったのでグッドでした。
最近の続編前提の尻切れトンボストーリーしか作れない会社はPreyをプレイして起承転結の何たるかを学んでいただきたいものです。
ストーリーを踏襲しないにしても、最近のFPSでは珍しく面白いギミック満載だったのでDukeNukem共々どこかが権利を買い取ってくれないでしょうか。

あ!id tech4あとWolfenstein残ってた!


RuneのHuman Head Studioが開発に携わっていたようです。

コメント