Rageは現在「チューニングステージ」

idのCVGのインタビューにてデザインディレクターMatt Hooper氏がRageは「チューニングステージ」に入ったと話しました。
彼はすでにRageのすべての要素は出揃ったと明らかにしました。
ただし発売の2011年9月までチューニングとブラッシュアップをする部分があるそうです。

「ほぼすべての要素は出揃っています。しかしこの巨大なゲームはたくさんの異なる要素を持っています。」
「ビークルコンバット、シューター要素、複雑なNPCとの相互関係、そしてミニゲーム。様々なものがあるのでそれらを磨くのには長い時間がかかります。」
「テクノロジーはすでにすべてのプラットフォームで60fpsで走るように改良されました。」
「私たちは人々は何が起こるか知る傾向にあることを知っているので、(The gameplay is there where we know that people are going to understand what's going on and they like the direction.)今はチューニングがすべてです。」
「私は最も大きなことは、このような真新しいテクノロジーとすべてのプラットフォームへの同時リリースだと思います。」
「これは私たちが過去にしてきたことから大きな変化でした。だから最も多くの仕事量を引き起こしました。」

情報元
RAGE development at 'tuning' stage

コメント