投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

You are Empty、それはきっと当時のソビエトロシア

イメージ
僕らは皆空っぽ

 Stalkerが発売される約一年前、まだまだ東欧産のゲームがB級でイロモノばかりだったと思われていた時代のFPSです。私はGamers Gateにて購入してからいまいちプレイする気が起きずに2012年まで放置していましたが、ふとしたきっかけでちょっとプレイしてみようと思いスタートしました。現在はGamers Gateでの価格は10ドルです。

バックグラウンド・ストーリー

 舞台はパラレルワールドの1955年、スターリンが存命しており(現実は53年没)ソビエトの共産主義の勝利を確実にするため、人民を超人へと進化させる(Great Transformation)電波を発信する電波塔を造りだした。電波塔の実験のためにソ連のとある街が選ばれた。しかし実験は失敗、その街の住人の大多数が死に残りは殺人ミュータントへと変わり果てていた。
 You are Emptyの主人公は共産党の高官だ。彼は仕事から帰る途中にトラックに轢かれて昏睡状態に陥っていた。そのお陰でGreat Transformationの作用が及ばず、正気のまま悲劇の起きた都市の病院で目を覚ます。主人公は混乱状態の都市からの脱出と、この悲劇の原因を探るために行動を開始する――
概要
 2006年発売ということで、例えば4:3の解像度にしか対応していないことや最新のOSでのみ起きる不具合は特になさそうです。nVidia製VGAだと不具合が起きる場合があるそうですが、最新のグラフィックドライバー(Forceware 290.53)では特に問題はありませんでした。Gamers Gate版はDRMにスターフォースを使用しています。ゲームの設定を一度変更したら変えられなくなる不具合が最初から最後まで続きましたが、一応最初の一回目の起動で必要な全ての設定を変えられたのでそのまま続けました。1920*1080でプレイ。ウインドウ表示も可能のようですが、私の環境ではメニューから変更しても全画面のままでした。

必要システム
Intel Pentium 2.4 GHz or AMD Athlon/Sempron 2500+ Processor
512 MB RAM
7.5 GB Hard Disk Space
GeForce FX 5600 or ATI 9600 128 MB Video Card
DirectX 9…